借金返済で弁護士に相談

参 加 者 募 集



脳の劇場は、表現を試みる、あらゆる方々へ開放された、舞台です、
あるのは、 表現することの可能において、
われわれ、人間は、何処までそれを追及できる存在にあるか、
それは、人類の進化の問題として、どのように創造できることにあるかということです。

参加者は、老若男女を問いません。

多種・多様・多義にある分野の表現が矜持を持って、
ひとつの舞台に並べられたとき、そこに示唆される、相対・矛盾は、
人間の事態があらわされることにあるからです。
示唆される、相対・矛盾は、
人間における、異化・変化・昇華という思考作用に依って、
更なる展開へ導かれる事柄となることにあるからです。

参加を希望される方は、鵜里基秀(うさと もとひで)まで連絡を下さい。

連絡先 :  ☆ 脳の劇場


舞台の演目






















☆ 上昇と下降の館  <結びの思想>に従った新しい文学の展開

☆ 縄による日本の緊縛  その歴史的意義 15%の可能




鵜 里 基 秀



Since 2001.9.30
Copyright (C) 2001−2017 Motohide Usato





inserted by FC2 system