借金返済で弁護士に相談

わが日本民族における 

民 族 の 予 定 調 和


についての告知



広報担当  岩手伊作



われわれ日本民族には、宇宙の創始以来、
定められている<民族の予定調和>というものがあります。
ここは、現在進行中の<民族の予定調和>に関して、皆様方へ告知させて頂くための広報サイトです。

従って、そのような荒唐無稽と思われるような事柄へ関心を抱かれない方々には無意味であるばかりか、
荒唐無稽な事柄には想像力さえ抱かれないという方々にとっては、悪意としか映らないことかもしれません。
残念ながら、人間という存在がたったひとつの宗教や思想のもとには結束されない生き物であるという、
人類の創始以来の伝統がある所以とご理解頂きたいことなのであります。
ましてや、その<民族の予定調和>が、われわれの位置する現段階としては、
性を避けては表現できないものである以上、猥褻を伴う事柄であるということでは、
常識においては、非難され、批判され、
胡散臭いものであると見なされ、無視されることでしかないのかもしれません。
しかしながら、人間は、この段階へ到達しているのです。
少なくとも、わが日本民族は、この段階にあるのです。
これは、人類史の必然としてある事柄である以上、ここで述べられる機会がなかったとしても、
いずれは、別の場所で、別の者によって表現されることになるだけのことなのです。
言い換えるならば、すでに知っているか、知らないでいるか、それだけのことでしかないことなのです。
人間生活は、因習に従って行っていけば、成就できるものであり、
ことさら、人間に対する深い認識などなかったとしても、誰でも、容易に人間を果たせることです。
それを容易に果たさせない状況があるとしたら、
それは、想像力がそれだけの状況を境界とさせていることにあるからなのです。
文明とか文化とか呼ばれている意識的な境界が想像力を疲弊させていることなのかもしれません。
余計なことかもしれませんが、いじめということに悩んでおられる方がおいでであれば、
ひと言申し上げたい。
置かれているいじめの状況があなたを孤独にさせているのは、当然のことです。
しかし、孤独を実感することなくして、知ることのできない人間のありようというものがあるのです。
あなたは、孤独であるからこそ、それを知ることができるということです。
だが、それを知るためには、どのように辛くても、生き続けることをしなければなりません。
死ぬことをみずからの解決としたならば、それを知ることは永遠にできません。
何故なら、人間は、生まれてきたこと、生きることに、最初から意味があるのではなく、
人間は、生きることによって、意味を作り出す生き物だからです。
あなたが生きて作り出す、あなた自身の意味こそがあなたの本当に知るところだからです。
たとえ、ほかのひとがどのように言おうと考えようと、
あなたが生きて作り出す意味こそがあなたを生かすというだけのことだからです。
生きるか、死ぬか、という問題は、あなたが意味を作り出すか、そうでないか、ということなのです。
そして、その作り出される意味は、まったく想像力の問題であるのです。
その人間にある想像力が向かわせる最終目的地とは、

人間の抱く想像力こそが人間本来のものとしての神であるというヴィジョンを実現すること

このことが、わが日本民族における<民族の予定調和>とされていることだからです。

実現の道程としては、
<縛って繋ぐ力による色の道>というものがあります。
ここでは、まず、初心者の方々のために、
<民族の予定調和>が認識されたいきさつから始めることにしましょう。



<民族の予定調和>認識の五段階



更なる事柄については、次の告知をお待ちください。


尚、<民族の予定調和>は、
<権田孫兵衛老人のアンダーグラウンド>においても触れられていますので、
ご興味を抱かれましたら、併せてご参照ください。




本サイトへのお問合せは、こちらまでお願い致します

<民族の予定調和> 広報



Since 2006.12.22
opyright (c) 2006−2012 Isaku Iwate

上昇と下降の館 入口

inserted by FC2 system